「中学受験社会 暗記どうする?」

Posted in 社会の追い込み, 社会問題 | コメントは受け付けていません。

 
どうすれば、中学受験の社会で勝てるか!
今回は以前ご紹介した野村恵祐氏がプロデュースした中学受験向け社会の教材をご紹介します。

野村恵祐氏は愛光高校、慶應義塾大学商学部卒業で、
「中学受験 社会科専門のスタディアップ」代表のカリスマ講師、
毎年、首都圏179校プラス人気中学数十校の社会の入試問題を全て解いていると言う事で、野村氏のプロデュースした教材は話題になっています。
中学受験で社会がお荷物と言われるのはなぜでしょう。

まずは、中学受験は丸暗記ではないと言われながらも、覚える量が膨大なのが社会です。
覚えるためには当然時間がかかります。
そのためには他の教科を差し置いて、早めに取り掛からなければならないのです。

算数や理科の方がずっと心配なのに・・・

まず、社会を得意科目にする教材として「コンプリート社会 合格講義CD」、
この教材は地理、歴史、公民の3種類で、部分部分にも使えるし、最初からしっかりと勉強したい場合にも使えるものです。

内容は塾の授業を受ける感覚での講義CDです。
さて、暗記がネックになっている人が多い中、「暗記の極意777」という教材もあります。
地理、歴史、公民でそれぞれまず最優先に何を暗記すれば良いか、
それがわかり暗記できる教材となっています。
短時間で暗記できるように工夫されたものです。

それ以外に「歴史年号 ゴロ将軍」「記号の森」「記述の戦場」「フラッシュカード社会」「白地図ピース」などの教材があります。

 

「中学受験 社会の勉強法は?」

Posted in 社会の勉強法 | コメントは受け付けていません。

 

中学受験では、社会は軽視されがちです。
関西の中学受験では、入試に社会がない学校も多いため、
進学塾でも社会は選択科目と言う事も少なくないのです。

とは言っても実際に入試科目に入っていれば社会1点も算数の1点も同じ1点なのです。

また、重要なのは中学受験では苦手科目や苦手単元を作らないと言う事です。
算数が得意だからと言って、算数で社会の分まで点数をとる事は不可能です。

中学受験では、受験生の得点差はあまりありません。
そのため、苦手科目や苦手単元がある人はどうしても不利なのです。

また、特に難関校に多いと言われていますが、入試自体、難問が多いのですから、得意科目であってもなかなか他の人と比べてとびぬけた点数をとる事はできないのです。

さて、そこで今回は中学受験の勉強法として「植村式」を打ち出している個別指導講師植村氏のサイトを見てみましょう。

社会が苦手になり手遅れになりかけている受験生のパターンとして、
「地図を描いても考えられない、説明できない」「知識はあってもその結びつきがバラバラで、有機的なつながりが欠如している」「大局的に考える事ができない」「常に制限時間以内に終わらない、塾で何度もやっている『形態そっくり問題』しか解けない」「普通に使われている専門用語の意味がわからない」「要領よく勉強できず、他教科に勉強時間がまわせない」「読み取りミス、ケアレスミスが多い」と言う傾向があるそうです。

自力で学習するには、勉強時間を決めて他の科目もきちんとやる、地理をしっかりやる、まとめる作業をする、地図を描きながら学習する等が有効と言う事です。

 

「中学受験ルネッサンス 観光ガイド学習法」

Posted in 社会の勉強法 | コメントは受け付けていません。

中学受験の勉強が大変だという理由のひとつにその量の多さがあるでしょう。

また、中学受験は思考力と言われていますが、実際には土台となる知識も必要で、その量は膨大です。

特に社会が大変なのはお分かりでしょう。

中学受験の社会において学習しなければならないものには、
地理、歴史、公民の全てが含まれているわけなのです。

と言う事になればやっぱり中学受験の社会は暗記か・・・
と言う事になるでしょう。

ただ、実際に入試で使える様にするためには「丸暗記」ではなく身につけると言う事が重要になって来ます。

そこで、今回は「中学受験ルネッサンス」というサイトで、
中学受験の社会の勉強法について調べてみました。
このサイトでは、中学受験の社会の学習法として「観光ガイド学習法」と「歴史マップ額手法」というものが取り上げてあります。

「観光ガイド学習法」を見てみると、地理、歴史を別々に覚えるのではなく、
関連付け、セットで覚えると言う方法でした。

地理と歴史を関連付けて覚える事で知識を整理できるのでより一層定着できると言います。
方法は日本の鉄道路線をひとつ決め、ノートを1冊用意します。

サイトの例としては東海道新幹線となっていて、まず出発駅の新大阪、大阪の説明をしています。

各駅の説明、観光案内をバスガイドの様に声を出して行います。

ノートにはセリフの全てを書くのではなく、キーワードのみを書きます。

出身芸能人をキーワードに入れたり笑える内容を書き込んだりする事で、
より効率的に覚えられるそうです。

「中学受験の適性」

Posted in 社会の勉強法 | コメントは受け付けていません。

中学受験において、社会と理科の成績が伸びる子には共通点があるという西村創氏の記事をインターネットで見つけました。

中学受験は、高校受験と違い、向き不向きの差が非常に大きいそうです。

我が子に中学受験の適性があるかどうかを知る事が重要で、
親自身は中学受験にチャレンジさせたいと思っていても、
高校受験で勝負する方が良い場合もあると言う事です。

この記事では中学受験の理科・社会の勉強に向いているかどうか調べる方法が書かれています。
理科や社会の勉強は非常に大変です。

学習内容の広さと深さが最大の原因ですが、小学校5・6年生のクラスと中学3年生のクラスに同じ理科と社会のテストを解かせると、
一番点の良い中3生より一番点の悪い5・6年生クラスの点の方が高くなります。

これは中学受験理科・社会は公立中学で習う内容より学習する項目が多く、深く掘り下げられた内容であるためです。

そのため自分の知らない事への関心をどれくらい示すかと言う事が、
理科・社会の勉強で大きな差となるのです。
塾に通っている子どもの多くは、新しいテキストに目を輝かせ、
特に難関校に合格するような子どもは覚えると言う苦痛がないそうです。
これは、知らない事を知りたいと言う欲求が強いためで、
おもしろいからテキストを読み、問題の答えを考える事を楽しんでいるのです。

また整理する事が得意な子も良いそうです。
渡されたプリントをファイリングし、きちんと整理されていれば復習も抜けがないのです。

またこの力は歴史では時代別に整理する、地理では地域ごとに整理できる等の力にも結び付いています。

 

「中学受験社会で合格!」

Posted in 社会の勉強法 | コメントは受け付けていません。

 

今回は、前回ご紹介した「中学受験社会 合格への家庭内戦略」を詳しく見てみましょう。

この本は「中学受験は社会で合格が決まる」の著者、野村恵祐氏によるものです。
野村氏は中学受験の勉強法の中でも社会と言う珍しい教科を専門としています。
中学受験の社会の勉強は「覚えるしかない」ので、どうしても後回しになり、
結局社会が足を引っ張ってしまうと言う事にもなり兼ねません。

野村氏のこの本を読むと中学受験社会に対する考え方が変わるのではないでしょうか。

第1章は「中学受験を社会で勝つための正しい戦略」となっています。
野村氏自身社会によって合格している事、算数の1点と何ら変わりがないのにないがしろにされている状態を見て、社会を後回しにした時の学習時間シミュレーションを示して効率的勉強法を解説しています。

第2章は「正しい暗記の方法を知って、学習効果を10倍にしよう」です。

暗記の科目と言われている事で、忘却曲線に基づく暗記や適切な復習のタイミング、暗記と睡眠の関連性などについて書かれています。

効率良く暗記するために、五感を使うイメージを持つ、
親子で復習を実践する方法が具体的に書かれているので、
他の科目でも参考にできるのではないでしょうか。

第3章は「学習スケジュールを上手に立てて実践しよう」です。
中学受験での学習スケジュールの立て方は重要で、
親も手助けして頑張らなければならない問題です。
学習スケジュールは調整可能なものにする、できるだけ具体的に立てる、授業・暗記・演習のバランスに注意や隙間時間の使い方まで細かくスケジュールの立て方が説明してあります。

 

「合格への家庭内戦略」

Posted in 社会の勉強法 | コメントは受け付けていません。

 

今回は「中学受験 社会 合格への家庭内戦略」と言う本をご紹介します。

中学受験の中でも勉強が大変なのは社会ではないでしょうか。

中学受験の社会はそのやるべき学習量が膨大です。

社会は暗記科目ではないとよく言われますが、ある程度の暗記が必要なのは当然ですし、それがないと合格点は取れないでしょう。

よく社会は暗記ではないと言うのは丸暗記ではないという意味なのです。

丸暗記はしなくてよいにしても中学受験のために覚える量が間違いありません。

しかも問題の量は国語や算数より少ないわけです。

覚える量が国語や算数と同じだったとしても、
100覚えてその中の20問でるのと10問出題されるのでは意味が違います。

つまり社会はどの単元も落とせないと言う事なのです。

だからこそ、合否が決まってしまう、勉強の手を抜けない科目でもあるのです。

「中学受験 社会 合格への家庭内戦略」にはどうやって合格につなげるかという勉強法が書かれています。

中学受験の科目の中でも合格点が取るには勉強が難しいのに国語や算数ばかり勉強して、後回しにしてしまう事もよくあるのです。
ただ、勉強すればすぐに偏差値も上がり、即効性のある科目でもあるわけです。
ただ、塾ではこういった暗記する科目について、暗記の時間を必要なだけ取る事はできません。つまりいかに家庭でこの学習を行うかと言う事が鍵になってきます。

中学受験する子どもが計画を立てて覚えて行くと言う事は難しいですよね。
つまりこのフォローをするのは保護者しかないのです。

 

「中学受験に間に合わせるには?」

Posted in 社会の勉強法 | コメントは受け付けていません。

 

6月になりましたね。

このブログのタイトルは「今からでも間に合う」となっていますが、
中学受験の中でも社会は時間がかかる科目だと知るべきです。

中学受験のためではなくても早くから社会の勉強を始めている人ならともかく、
5年生6年生から中学受験の勉強をすると言う人は他の科目よりも急がなくてはなりません。
中学受験の社会はインプット8割と言う話を以前しましたが、
つまりは覚えなくてはならない物がたくさんあるわけです。

これまで中学受験の社会の勉強法で丸暗記はせず、
「系統だって流れを知る」とか、「考える」勉強法についてもお話ししてきたわけですが、
実際には覚えなければならない事が山ほどあるのです。

丸暗記では覚えられないし、覚えたとしても入試で使えないので、
流れを知る事が重要だと言う事を話して来たわけなのです。

そして社会のように暗記(丸暗記ではないですよ)しなければならない科目は、
その性質上時間がかかるのは仕方のない事です。
「覚える」と言う事は長期間かかる学習なのです。
そのため、一番良い方法は低学年で塾に通ってないうちから自宅のテレビの横に世界地図をおき、テレビに出て来た国の名前をみつける、
あるいはニュースについて家族で話し合う事などです。

長期間何回も繰り返し、受験までには何年間も経っているわけですから、
中学受験までにはしっかりと身についているわけです。

また、本格的に受験勉強を始めても、社会は早くから取り掛かり、
1回に使う時間は少なくて良いので繰り返し覚えると言う事が重要でしょう。

 

「社会の公式を知ろう!」

Posted in 社会の勉強法 | コメントは受け付けていません。

以前「中学受験は社会で合格が決まる」という本をご紹介した事があると思います。

この本は、関西の方はあまり関係ないと思われたかもしれません。
関西では、中学入試が算数・国語・理科の3科目で社会がないという学校が多いと聞きますから、それも仕方ありません。

ただ、この本に書かれている事は社会だけではなく暗記物の勉強法について考えた時大変参考になる物なのです。

社会に限らず、暗記という物は勉強の中で「面倒」な物です。
ただ、どんな勉強でもそれを抜きには考えられないのです。
中学受験では思考力が問われると言われていますが、
それでも知識という土台があっての思考力なのです。

「中学受験は社会で合格が決まる」と言う本は親のための攻略本です。
中学受験は親の受験と言われる通り、親が中学受験を意識する事が子どもを合格に導くのです。

特に社会という物は生活に直結している物で、
中学受験のために親が関われる教科としては最適でしょう。

この本には固定観念を捨て社会の特性を知る事が重要と書かれています。
歴史の全体像を知る、地理の全体像を知る、公民も全体像を知る、
全て全体像を知る事で暗記ではないわけです。

また、社会にも公式があると言います。

それを知った上で中学受験に生かせる勉強法も書かれているのです。

歴史の中で、地理の中で重要なのは何か、
入試の中で公民には秘密がある、時事問題の対策は過去問研究をした上でやる方が中学受験には効果的など、様々な「秘策」が載っているのです。

 

 

「中学受験のための低学年の勉強法」

Posted in 社会の勉強法 | コメントは受け付けていません。

 

中学受験の中で社会は後回しにされやすい科目です。

関西では中学入試は国語・算数・理科の3科目というところも多く、 進学塾でもオプションコースとなっている場合も多いです。

ただ関東の中学受験では社会こそ重要です。 いくら国語・算数で頑張っても社会で差を付けられてしまうからです。

中学受験では苦手科目や苦手単元を作ってはいけません。

5年生のうちに苦手をなくしておく必要があります。

社会は暗記科目ではないと言う人も多いのですが覚えなければならない知識が多いのは確かです。

暗記科目ではないと言う人がいるのは「丸暗記ではない」と言う意味です。

「暗記」と言う事になるとやはり時間がかかります。

「繰り返し」が必要なのです。

6年生になって、過去問や実践演習をする時になって、社会の知識を詰め込む時間はないのです。

中学受験を考えているのなら早めに勉強を始めたい科目が社会なのです。

まず、低学年のうちに家庭でできる事もあります。

晩御飯のおかずの農作物の産地、この魚はどこでとれたのか、自分の気になるサッカーチームはどんな場所で練習しているのかや、お墓参りに行けば家族のルーツについても話ができるでしょう。

地理分野は中学受験だけでなく大学受験になっても苦手という人が多い科目です。

ゲーム感覚で、地図帳の中からテレビに出て来た地名を探す事、白地図をリビングに置いておいて新しい地名を書き込んでいく、親子で競争すると良いかもしれません。 重大ニュースなどを見ても、場所も一緒に覚えるとずっと興味が持てるはずです。

 

「社会はインプット8割」

Posted in 社会の勉強法 | コメントは受け付けていません。

今回は以前ご紹介した野村恵祐氏のホームページをご紹介します。

「中学受験 社会専門のスタディアップ」です。

野村氏は、中学受験において社会こそが合否を決めるとおっしゃっています。
このホームページでは、野村氏の書いている中学受験でどういう風に勉強したら良いか書かれています。

中学受験はどうして社会で決まるかと言えば、算数も社会も「1点」が同じ意味を持つからです。
もちろん、関西では入試科目が、国語・算数・理科の3科目と言うところも多いですし、
首都圏においても、社会や理科の配点は国語や算数より低い傾向にあります。

また、どれか一つの科目だけを頑張れば良いというわけではなく、どの科目も落とせないのが中学受験なのです。

ただ、同じ1点なのは間違いないのです。
しかも、社会は他の科目に比べ、点数を上げる事が易しい科目です。
やったらやっただけ、点になると言います。
要は、覚えたか覚えてないかが点数に結びつき、しかも家庭学習がポイントになるそうです。

暗記には家庭学習が重要なので、親が正しいサポートをして行けば、全体の点数を伸ばしていけるという事なのです。

野村氏はホームページの中で、社会の成績を上げるには、効率の良い授業(input)、暗記・授業で習った単元を家庭学習で暗記する(input)、問題演習によってインプットした知識をアウトプットしてみる(output)の3つであると言っています。

中学受験ではアウトプットが重要と言われます。
ただ、社会に関しては「授業」+「暗記」のインプットが8割、「問題演習」のアウトプットが2割の時間配分で行う事が重要だと言う事です。